プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

私が高校生の時に父が店を始めそれが地酒の居酒屋でした。
以来地酒に長くかかわってきたただの酒飲みです。

長年冷酒ばかり飲んできましたがあるときに燗酒の魅力にはまりました。
日本酒の純米の燗酒が大好きです。
日本酒愛飲家がひとりでも多く増えて欲しいと願ってます。

音楽も好きで店の音楽は自分のCDをかけてます。
昔はへたなバンドをやっていましたが近頃はほとんど触らないギターは埃まみれです。

メタボ対策で最近
マウンテンバイクに乗り始めました!!

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月28日 (水)

常きげん  純米にごり酒

石川 常きげん 純米にごり酒

常きげんです。農口杜氏のお酒はしっかりフルボディで私の好きなタイプです。
このお酒も熱燗つけて飲んでます。

毎年のことながら自分の誕生日を過ぎると本当に寒くなってくるのです。
今年はまだそれでもぬくいほうだと思いますが私にとっては寒いです。

寒い時はもちろん燗酒ですね。
たまには人の店に行ってうまいものを食べながら
うまい燗酒を飲みたいものです。
今年はなかなか行く機会がないですが。

2009年1月18日 (日)

すっぴん るみ子の酒

 三重 すっぴんるみ子の酒 純米 無濾過生原酒


新酒まっさかりです。どんどん新酒がでてまいります。
うちもご多分にもれず新酒をたくさん入れています。
今年はどんな味だろうかといろいろ楽しみです。

できたての日本酒は特に生ならフレッシュで
飲みやすくておいしいものです。
ただフレッシュさはいいですが
ものによってはしばらくして飲み頃がすぎると
あまりおいしくなくなるものもあります。

ちゃんとした造りをしてしっかり発酵させて造ったお酒なら
時間が経つことによりさらに発酵が進みしっかり熟成してきます。
新酒の頃には味わえなかった旨みもしっかり出てきます。

夏を過ぎ秋頃にちょうどいい感じに味が乗ってきた頃のお酒を
飲むのが本来の日本酒の楽しみ方です。

新酒の時に硬い感じのお酒をだめだとバッサリ切り捨てずに
半年後どうなっているかを想像しながら飲んでください。
本当の味わいはまだ先に待っています。
さらにいうとまだ何年も先にあるかもしれません。

個人的には「るみ子の酒」も火入れの熟成したお酒のほうが好きです。

2009年1月12日 (月)

会を終えて

無事純米燗酒の会も終わりいろいろ想っております。

ああすればよかったこうすればよかったばかりですが
会をやったことで学べたことは大きい今後に生かします。

始まってしまえば5年のブランクもなんのその楽しかった。

次回はまだ寒いうちに別バージョンの会を考えています。
考えが発酵したなら発表したいと思います。

2009年1月 1日 (木)

蔵人(クロード) 第7巻

あけましておめでとうございます。

尾瀬あきらさんの「蔵人(クロード)」の第七巻が発売されました。

いつも愛読されている方はそうではないと思いますが
普段はこの漫画をぜんぜん読んでいないので単行本になるまでストーリー
の展開を知らない私は待ちわびて楽しみに読んでいます。

「夏子の酒」「奈津の蔵」「蔵人」と日本酒好きにはたまらない漫画です。

作者の尾瀬さんはいつもいろんなお酒の会の会場でお見かけするのですが
残念ながらまだお話したことはありませんが
漫画を読めば尾瀬さんの日本酒への愛情が伝わってきます。
日本酒入門の本も書かれているのでご興味があれば読んでください。

日本酒の麦太郎 のサービス一覧

日本酒の麦太郎